現代のプロ用シネマカメラは、球面レンズを使って直接2.35:1や2.66:1の画像を撮影できる大型センサーを持っていますが、映画制作者は依然としてアナモフィック「ルック」を望んでおり、しばしば珍しいオールドレンズを使うことに制限されています。しかし、オールドレンズは、大きさ、重さ、入手性、近接撮影ができない、価格が高いなど、現実には多くの問題があります。このような問題を解決するために、私たちはSLR Magic Anamorphicを開発しました。

SLR Magic 2x - 50

Anamorphic Adapter

4:3センサーは約1.33:1のアスペクト比の画像を記録しますが、これをより映画的なワイドスクリーン比の2.35:1に変換する場合、ポスト処理で画像をクロップすることができます。しかし、これでは解像度の低下や画像の劣化につながります。

Anamorphot 2.0xは画像を水平方向にスクイーズするので、典型的な縦長/横長の画像ができ、ポスト処理で「デスクイーズ」する必要があるのです。アナモルフィック処理では、センサー全体を使って画像を撮影することができるため、画像をクロップする場合と比較して、解像度の損失はありません。

 

Anamorphot-50は、ノーマルとニアにマークされた調整可能なフォーカスを備えています。ニアは約26フィート(約1.5m)より近い被写体に、ノーマルは約26フィート(約1.5m)から無限遠までの被写体にフォーカスを合わせることができます。前面が非回転式で、フィルター径が62mmサイズのレンズに取り付けられます。

 

Anamorphot-50 2.0xは、物理的に直径50mm以下のフロントエレメントを持つレンズとの併用を推奨します。Anamorphot-50 2.0xは、焦点距離35mm以上(MFTセンサー)、50mm以上(APS-Cセンサー)、および75mm以上のフルサイズセンサーをサポートしています。

2x - 50 Anamorphic Adapter

2x - 50 Anamorphic Adapter

Mounting

  • Rear Mounting Threads: 62 mm

  • Front Filter Threads: 77 mm

Adjustable Focus

  • Normal and Near

Anamorphic Squeeze

  • 2.0x Anamorphic Squeeze

Weight

  • 1.65 lb / 0.75 kg

502X-INDEX.jpg