BG.jpg
01_TR.png

Deal of the Week

Weekly surprise offers with different products for you to choose

SLR Magic

MPE3LENS_A.jpg

新しいレンズキットを発売

Eマウント・Xマウント・MFTマウント専用レンズキットセット

Ian Hudson_25_0.95.png
slrmagic_logo-black-300.png

SLR Magic

MicroPrime CINE (MFT-Mount)

マイクロフォーサーズレンズのスペシャルセール開催中です!

MPMFT-All.png

APO MicroPrime EF & PL-Mount

SLR Magic APO MicroPrime は、アポクロマート撮影をより軽量なシネスコスタイルで提供します。イメージサークルは 43.27mm で、高解像度フルサイズセンサーを搭載した8Kカメラに適しています。高コントラストの画像や絞り開放の撮影時に発生しやすい色収差を補正するアポクロマートレンズを採用しています、圧倒的な描写性能を実現します。

高解像度のフルフレームセンサーを搭載した 8K カメラに適しています。シネスタイルフォーカスとアイリスギア、そしてインターナルフォーカス設計により、レンズの長さを変えずにフォーカスを引くことができ、ロッドマウントのアクセサリーやマットボックスの使用に適しているレンズです。レンズは、150°のフォーカス回転、共通の 85mm フロント径により複数のマットボックス用アダプターリングを必要としない、内部 82mm フィルタースレッドを備えています。

1,33x - 65 Anamorphic Adapter with Gear

現代のプロ用シネマカメラは、球面レンズを使って直接 2.35:1 や 2.66:1 の画像を撮影できる大型センサーを持っていますが、映画制作者は依然としてアナモフィック「ルック」を望んでおり、しばしば珍しいオールドレンズを使うことに制限されています。しかし、オールドレンズは、大きさ、重さ、入手性、近接撮影ができない、価格が高いなど、現実には多くの問題があります。このような問題を解決するために、私たちは SLR Magic Anamorphic を開発しました。

本アダプターは、1.33 倍のアナモルフィックスクイーズを搭載し、前玉サイズが 65mm までのレンズに使用できるため、従来の一眼レフ用アナモフィックアダプターに比べ、搭載できるレンズが大幅に広がりました。また、フォーカシング時にアナモルフィックの長さが変わらないため、ロッドマウントマットボックスの使用を容易にするインターナルフォーカスデザインを採用しています。

アダプターのネジは後部の 82mm で、SLR Magic MicroPrimes のレンズにシームレスに取り付けられます。また、富士フイルムとのコラボレーションにより、フジノン MK シリーズのズームレンズとフジノン MK50-135mm ズームの使用に最適化されたアダプターとなっています。


アナモルフィック 1.33-65 は、114mm の後部開口部を持つすべてのマットボックスに適合し、フォーカス中に前部が回転しないため、クリップオンマットボックスにも使用することが可能です。アダプターの前面には 112mm のフィルターやディオプターを取り付けるためのネジが切ってあり、公称 4 フィートの近接撮影距離があります。

実際に Anamorphic Adapterを使用した場合、どのような焦点距離になるのでしょうか?どんなことに気をつければいいのでしょうか?

後面取付ネジ
(レンズフィルター径)

1,33x - 40

1,33x - 50

1,33x - 65

2x - 50

レンズの前玉は、以下のように小さくする必要があります

水平スクイーズ

推奨するレンズ
焦点距離

52mm

62mm

82mm

62mm

40mm

50mm

65mm

50mm

1.33x

1.33x

1.33x

2x

>20mm focal length
>35mm focal length
>50mm focal length

Micro Four Thirds
S35 / APS-C
Full-Frame

>35mm focal length
>50mm focal length
>70mm focal length